ホーム > サポート > ご利用マニュアル > VPSマニュアル > メール > メールソフトの設定方法 -Windows--Mac- > Windowsメールの設定方法

VPS(バーチャルプライベートサーバー)ご利用マニュアル


Windowsメールの設定方法

Windowsメールについて導入設定から、使い方、添付方法をサポートします。

1. Windowsメールを起動し、[ツール]メニューの[アカウント]をクリックします。
2. [追加]ボタンをクリックします。
3. [電子メールアカウント]を選択し、[次へ]をクリックします。
4. [表示名]に任意の名前を入力して、[次へ]をクリックします。

この名前は、メールを送信した際に差出人名の情報として相手に届きます。
名前は自由に入力できますが、相手に差出人が分かるような名前にすることをお勧めいたします。

5. [電子メールアドレス]に電子メールアドレスを入力して、[次へ]をクリックします。
6. [受信メール(POP3 または IMAP)サーバー]および[送信メール(SMTP)サーバー]を入力して、「次へ」をクリックします。
受信メール(POP3 または IMAP)サーバー mail.ドメイン名
送信メール(SMTP)サーバー名 mail.ドメイン名
7. [ユーザー名]および[パスワード]入力し、「次へ」をクリックします。
ユーザー名 メールアドレス
※ユーザー名はメールアドレスになります
パスワード メールパスワード
8. [今は電子メールをダウンロードしない]にチェックを入れて、[完了]をクリックします。
9. [インターネットアカウント]画面に戻ったら、[閉じる]をクリックします。
サブミッションポートの設定方法

※VPSをご利用の場合、サブミッションポートのサーバー設定が必要になります。 詳しくは 「5-5 サブミッションポートの設定方法」をご覧ください。

近年迷惑メール対策強化の為に、一部インターネットプロバイダー様ではOutbound Port25 Blocking(以降OP25B)対策が実施されている場合があります。
OP25B対策が実施されたインターネットプロバイダー様をご契約の場合、一般的なメール送信用ポート(SMTP)でのメール送信が行えない場合があります。
このような場合、メール送信用ポートにSubmissionポート(587番ポート)を利用することで、メール送信が可能になります。
※OP25B対策についてのご確認はご契約のインターネットプロバイダー様にお問い合わせください。

1. Windowsメールを起動し、[ツール]メニューの[アカウント]をクリックします。
2. [メール]タブを選択し、[プロパティ]をクリックします。

複数のアカウントを設定されている場合は、設定を変更するアカウントを選択後、[プロパティ]をクリックしてください。

3. [サーバー]タブを選択し、[このサーバーは認証が必要]にチェックを入れます。
4. [詳細設定]を選択し、[送信メール(SMTP)]欄に「587」と入力し、「OK」をクリックします。
5. [インターネットアカウント]画面に戻ったら、[閉じる]をクリックします。

ページTOP

キーワード検索

例)ログイン方法


スタートアップガイド

メール

FTP

データベース

アプリケーション

サーバー管理ツール(Plesk)

用語集

ご利用マニュアルTOP