ホーム > サポート > ご利用マニュアル > VPSマニュアル > VPSスタートアップガイド(Pleskあり) > PHP・CGI について > CGIを動かそう

VPS(バーチャルプライベートサーバー)ご利用マニュアル

CGIを動かそう

1. 「Plesk」にログイン後、画面左の項目より「ドメインアイコン」を選択し、ドメイン名をクリック後、ホスティンググループにある「設定アイコン」のアイコンをクリックして下さい。
物理ホスティングの設定ページが表示されます。

2. 物理ホスティングの設定ページ内の「CGI対応」と「Perlサポート」にチェックを付け、「OK」ボタンをクリックしてください。

以上で「CGI」が使用出来るよう設定が完了しました。

3. 正常に「CGI」が動作するか確認します。下記内容のファイルを作成し、「cgi-bin」直下にアップロードして下さい。

※「ファイルマネージャー」にて作成していただいても結構です。
※「CGI」は標準では「cgi-bin」フォルダでないと動作いたしません。「httpdocs」配下にて「CGI」を動作させたい場合は、一番下の「補足」をご参照ください。

ファイル名 : example.cgi
#!/usr/bin/perl
print "Content-Type: text/plain\n\nHELLO\n";

4. アップロード(作成した)ファイルのパーミッションを変更します。

→ファイルマネージャーの場合

Pleskの画面左の項目より「ドメインアイコン」を選択し、ドメイン名をクリック後、ホスティンググループにある「ファイルマネージャーアイコン」のアイコンをクリックして下さい。

パーミッションを変更したいファイルが表示されるまでフォルダを移動し、表示されたら下記をクリックして下さい。

表示された画面にて、下記のようにチェックして「OK」をクリックして下さい。

ファイルマネージャーでのパーミッションの変更は以上で完了です。

→FTPソフト(FFFTPソフト)の場合

FTPソフトにてサーバーに接続し、パーミッションを変更したいファイルが表示されるまでフォルダを移動して下さい。
対象のファイルが表示されたら右クリックし、「属性変更」をクリックして下さい。

表示された画面にて、下記のようにチェックして「OK」をクリックして下さい。
※直接、「現在の属性」に「755」と入力されても結構です。

画面イメージ

FTPソフト(FFFTPソフト)でのパーミッションの変更は以上で完了です。

5. ブラウザにて下記URLにアクセスしてください。画面に「HELLO」と表示されれば成功です。
http://(ドメイン名)/cgi-bin/example.cgi

補足
「httpdocs」配下にて「CGI」を動作させたい場合は、下記ファイルを「httpdocs」配下にアップロードしていただくことで、CGIを動作させることができます。

Options +ExecCGI
AddHandler cgi-script .cgi
AddHandler cgi-script .pl

「.htaccess」ファイルの作成方法に関しましては、インターネットにて検索を行ってください。


ページTOP

キーワード検索

例)ログイン方法


スタートアップガイド

メール

FTP

データベース

アプリケーション

サーバー管理ツール(Plesk)

用語集

ご利用マニュアルTOP