ホーム > サポート > ご利用マニュアル > VPSマニュアル > VPSスタートアップガイド(Pleskあり) > ドメインを作成しよう > 新しいドメインの作成

VPS(バーチャルプライベートサーバー)ご利用マニュアル

4-1 新しいドメインの作成

1. Plesk の左側メニューから「ドメインボタン」をクリックし、ツールメニューの「新しいドメインの追加アイコン」をクリックします。

「ドメインを作成するクライアントを選択」画面が表示されたら、下部の一覧よりドメインを設定するクライアントを選択し、「OK」ボタンをクリックします。

2. 「新しいドメインを作成する」画面が表示されたら、入力フォームでドメイン名などを入力します。右側の「ホスティング設定に進む」がチェックされていることを確認して【OK】ボタンをクリックします。

3. 「ドメインのホスティングタイプを選択する」画面が表示されたら、ホスティングの種類を選択し「OK」ボタンをクリックします。

4. 「物理ホスティング設定ページ」画面が表示されたら、FTP ログインのためのアカウント名を入力し、パスワードを設定しておきます。その他の項目は必要に応じてご選択・ご入力ください。

入力が完了したら「OK」ボタンをクリックします。

※ここで設定したFTP アカウント/パスワードは、FTP ソフトを利用してホームページを公開する際に必要になります。

SSL 対応 サーバにhttps で接続できるようにするかどうかを指定します。接続をできるようにしたい場合には、チェックボックスにチェックを入れてください。
SSL 認証を受けないコンテ ンツと同じディレクトリに、SSL 認証を受けるコンテンツを設置します。 https でアクセスしたときに表示させるファイルなどを、http でアクセスしたときに表示させるものと同じ場所に置くことができるかどうかを選択します。同じにしたい場合には、チェックボックスにチェックを入れてください。https では異なる場所にファイルを置いて、そちらにアクセスさせたい場合には、チェックを外してください。
新しいFTPパスワード
パスワードの確認
FTPで接続するときに使用するパスワードを設定します。2つの欄に同じ文字列を入力してください。
ハードディスククォータ このドメインに割り当てる容量をMB 単位で指定します。特に指定を行わない場合は、無制限の欄にチェックを入れます。
システムアクセス
(FTP ユーザ認証を用いたサーバへのシェルアクセス)
このドメイン以下の領域に、SSH によるシェルアクセスを許可するかどうかを選択します。特に利用目的がない場合には、セキュリティ上、無効としておくことをお勧めします。

Apache ASP 対応 Windows Server で提供されるASPに類似した、Perl で実現されたASP機能を有効にするかどうかを選択します。 Windows Server で提供されるASP 機能とは異なりますので、ご注意ください。
SSI 対応 SSI 機能を使用するかどうかを選択します。
PHP 対応 PHP 機能を有効にするかどうかを選択します。Plesk 8 以上を使用している場合には、PHP のセーフモードを有効にするかどうかを選択できます。
CGI 対応 CGI を使用できるようにするかどうかを選択します。なお、通常はCGI は cgi-bin 以下でしか動作しません。他のコンテンツと同じ場所にCGI を 設置したい場合には、別途 .htaccess を設置する必要があります。
Perl サポート mod_perl 拡張モジュールを有効にするかどうかを選択します。
Python サポート mod_python 拡張モジュールを有効にするかどうかを選択します。
Web 統計 Webalizer による、ウェブサイトのアクセス解析を行うかどうかを選択します。また、アクセス解析を行う場合は、解析結果の表示ページにパスワード制限をかけるかどうかも選択できます。「パスワード保護ディレクトリ’/plesk_stat/’経由でアクセス可能」にチェックを入れると、パスワード制限が行われます。
カスタムエラードキュメント アクセスしたページが存在しないときなどに表示されるエラーページを、独自のものに変更できるようにするかどうかを選択します。独自のエラーページを使用したい場合は、チェックを入れます。

ページTOP

キーワード検索

例)ログイン方法


スタートアップガイド

メール

FTP

データベース

アプリケーション

サーバー管理ツール(Plesk)

用語集

ご利用マニュアルTOP