ホーム > サポート > ご利用マニュアル > VPSマニュアル > VPSスタートアップガイド(Pleskあり) > メールアドレスを作成しよう > スパムフィルタの設定

VPS(バーチャルプライベートサーバー)ご利用マニュアル

5-4 スパムフィルタの設定

スパムフィルタ設定では、迷惑(スパム)メールの疑いがあるメールを受信したときにそのメールの受け取りを阻止するための設定を行うことが可能です。

※スパムフィルタを利用する場合は、別途オプション(パワーパック)のお申し込みが必要です。
(マイアカウント画面でアップグレードセンターのタブを開きます。「ライセンスのアップグレード」より、オプションの追加申し込みを行うことができます。)

1. Plesk の左側メニューから「ドメイン」をクリックして、設定するドメイン名を選択します。システム画面のサービスグループにあるアイコン(メール) のアイコンをクリックしてください。ドメイン(契約ドメイン)のメールアカウントという画面に切り替わりますので、スパムフィルタを設定するメールアドレスを選択後、ツールグループの「SPAM フィルタ」をクリックするとスパムフィルタの設定画面が表示されます。

画面イメージ

2. 必要に応じて以下の設定を行ってください。

※1メッセージをSPAMとして判断するスコア値
メッセージをSPAMとして判断するスコア値はスパムフィルタの感度を調整します。
初期状態では「7.00」に設定されています。
現在の設定で多くのスパムメールが受信される場合、スコア値を「6」などに下げてみてください。

※2SPAMとして認識したメッセージの場合、件名の先頭に以下のテキストを追加する
スパムフィルタによってスパムメールと判断されたメールの件名に特定の文字を追加することが可能です。 スパムメールと判断されたメールを自動的に削除する場合は、「メールボックスに受信した際SPAMを削除する」に チェックを入れてください。

※3ブラックリスト
特定のドメインや送信者からのメールを受信したくない場合は、「ブラックリスト」のタブをクリックし、スパムフィルタの
ブラックリストにそれぞれの項目を追加してください。

※4ホワイトリスト
特定の送信者からのメールを確実に受信するには、「ホワイトリスト」タブをクリックし、スパムフィルタのホワイトリス トにそのメールアドレスまたは完全なドメイン名を追加してください。

3. スパムフィルタの設定が終了したらスイッチオン(スイッチオン)をクリックします。


ページTOP

キーワード検索

例)ログイン方法


スタートアップガイド

メール

FTP

データベース

アプリケーション

サーバー管理ツール(Plesk)

用語集

ご利用マニュアルTOP