ホーム > サポート > ご利用マニュアル > VPSマニュアル > VPSスタートアップガイド(Pleskあり) > メールアドレスを作成しよう > サブミッションポートの設定方法

VPS(バーチャルプライベートサーバー)ご利用マニュアル

5-5 サブミッションポートの設定方法

近年迷惑メール対策強化の為に、一部インターネットプロバイダー様ではOutbound Port25 Blocking(以降OP25B)対策が実施されている場合があります。
OP25B対策が実施されたインターネットプロバイダー様をご契約の場合、一般的なメール送信用ポート(SMTP)でのメール送信が行えない場合があります。
このような場合、メール送信用ポートにサブミッションポート(587番ポート)を利用することで、メール送信が可能になります。
※OP25B対策についてのご確認はご契約のインターネットプロバイダー様にお問い合わせください。

下記の手順で「サブミッションポート」を有効にしてください。

1. 「Plesk」にログイン後、システムの項目の「サーバアイコン」をクリックして「メールアイコン」のアイコンをクリックしてください。

2. 次の画面、プリファレンスタブの一般オプションの項目「メッセージサブミッションを有効にする」をチェックして「OK」をクリックしてください。
サブミッションポートが有効になります。


ページTOP

キーワード検索

例)ログイン方法


スタートアップガイド

メール

FTP

データベース

アプリケーション

サーバー管理ツール(Plesk)

用語集

ご利用マニュアルTOP